ハイレベルな風俗の話

間違えてホテヘルになってしまった

ピンサロに行こうって思っていたんですよ。でもそのピンサロ初めて足を運ぶところだったんです。風俗のポータルサイトを見ながら歩いて。そして雑居ビルに入って階段を上ると、店員さんが「いらっしゃいませ」と。でも、よく見てみると何となくホームページに掲載されている料金と違うんですよね(苦笑)それでこっちも訝しがっていたんです。すると、店員さんが「どういった形で?」みたいに聞いてきたので、スマートフォンの画面を見せたんです。すると、少し値引きしてくれたんですよ。別に風俗の値引き交渉をした覚えはないんですけど、値引きしてくれるのであればそれはそれで嬉しいことじゃないですか。だからそれでOKかなって思っていたら、待合室に居るよう促された。そして呼ばれたら、目の前に女の子がいたんです。そこで気付きました。これ、お店を間違えたなと(笑)結果的にホテヘルを楽しむことになりましたけど、それはそれで良かったかなって(笑)

待ち時間のコツを掴んだかも

風俗店の待合室でどんな時間を過ごすのかによって、その後の展開が大きく変わるものだということに気付きました。それまではスマートフォンを弄るだけでした。スマートフォンのアプリにログインしてログインボーナスをもらったり(笑)まとめサイトや匿名掲示板を見るのが自分の中では定番となっていたんですけど、これから遊ぶであろう風俗嬢のデータを調べるのが良いんじゃないかなと思うようになったんですよね。いろいろな情報を調べておくことによって、何がベストなのかということが分かるようになってきたんですよ。これって何気に大きなことなんじゃないのかなって思いますね(笑)ブログを見ておくだけでも、話題のネタが一つ増えるようなものじゃないですか。ボケっと待っているよりは、こういった形で時間を有意義に使った方が良いんじゃないのかなということに気付かされましたので、待合室ではこれから遊ぶ女の子の「情報収集」に励むようになりました。